葬祭扶助制度の仕組み|互助会に入会しておけば安心安全~冠婚葬祭の場面で慌てないために~

互助会に入会しておけば安心安全~冠婚葬祭の場面で慌てないために~

葬祭扶助制度の仕組み

数珠

生前生活保護を受けていた方の葬儀を行なう際は、「葬祭扶助制度」という制度を利用しましょう。この制度を利用すれば、葬儀における金銭的負担を大幅に減らすことができます。どのような制度か簡単に説明すると、生活保護を受けていた故人の葬儀をその人の身内が執り行なう際、身内に金銭的負担をかけさせないよう、自治体が葬儀費用を支給する、という内容になっています。この制度を利用するには、申請資格を満たし、かつその申請を葬儀を執り行なう前に出しておかなければなりません。

葬祭扶助制度は、生活保護を受けていた故人の身内が受けられる、一種の補助制度です。これにより、葬儀費用を大幅に減額することができます。支給される金額は、大人で201,000円以内、こどもで160,800円以内となります。この金額を支給してもらえば、火葬や直葬などを自己負担を出さずに執り行なうことができます。ただ、自己負担額を出さずに済むのはあくまで火葬及び直葬の「最低限の内容の葬儀プラン」の場合です。やや料金が高いプランを選んでしまうと、支給額内に収めることができず、若干の自己負担額が発生してしまいます。このように、葬祭扶助制度にはいろいろな規則が定められています。生活保護を受けていた故人の身内は、生活保護を受けていた証拠にもなる申請資格の申請や支給される額などを、しっかり把握しておきましょう。不明な点は自治体に電話やメールで問い合わせましょう。